So-net無料ブログ作成

幼虫(キアゲハ) [観察]


6/7   最高気温22.3℃     最低気温18.4℃

  

      梅雨入りの発表がありました



前回に続き蝶の幼虫(キアゲハ)をアップします。


その前に…種から育てた場合、桃栗3年柿 8年柚子の大馬鹿18年と聞きますが

 我が家の柿が(接ぎ木)丁度8年を迎えました。

 接ぎ木の場合早ければ3年で結実するようですね。


環境の整わない狭い所に植えたせいもあり

今迄花芽を数個つけても結実する事はなかった次郎柿。


今年は各枝に花芽が沢山ついて結実の期待がもたれます(期待大)

(花は沢山落ちているけど、いくつかは収穫できたらいいなぁ~)


花.jpg


次郎柿.jpg





いよいよ幼虫の登場です。


キアゲハの好む食草はセリ科の植物。

今季我が家で人気の食草はパセリです。

沢山収穫して乾燥パセリを作り、残りは幼虫の観察用にしようと思っていました。

 

*柚子の木の幼虫(ナミアゲハ)は、いつの間にか姿を消しているのに比べ

 キアゲハの幼虫はそれよりも気付かれやすいパセリについています。

 

でも・・・


6/1の様子

 6.1.jpg


 1.jpg

 

 外敵から身を守るためくさい匂いを出して威嚇します(臭いは感じられなかった)

     私も外敵ですね[わーい(嬉しい顔)]

 2.jpg


6/4

  パセリは残り僅かとなってしまいましたが・・・

 6・5食べ尽くし.jpg


 成長段階の違う幼虫が一緒に生活しています。

 3.jpg

 

 それでも・・・貪欲に葉を探しては食べています。

 4.jpg


 6.5残り.jpg



狭い庭のしかも目立ちやすい場所:パセリの葉は殆ど食べ尽くされてしまいました。

蜂や鳥もやって来ています、天敵のカメムシは?

(幼虫が弱るとアリに狙われることもあるようです)

沢山の幼虫が此処まで生育できたのかは何故?不思議?疑問がのこります。


パセリが無くなった今、今度は人参が狙われるかな?



メッセージを送る